コンパクトシュラブ、ブッシュローズ(小さめ半ツル、木立ち性)

cdb978df0432a19c7768c6ceb1264610
女性のかわいらしさを表現したような、淡いピンクとカップのカタチが魅力。スーッと伸びて、細い枝の先に花を咲かせます。病気に強く丈夫で、春から秋まで次々と花を付けてくれるのでお得感もあります。ただ、このバラ1本だけだと寂しい印象になるので、色の濃いバラと一緒に。
詳細はこちら
916cac7aa0efb0c9ae213141bcaf2c5c
シルクのウェディングドレスをまとったような姿と色は、ズバリ女性の憧れのツボ。上品な香りもとても良い。開いてから長くその姿をキープしてくれます。大きく育たないので、鉢でもOK。
詳細はこちら
376b5336c909d44b0697ad6c91cbb40b
女性の心をくすぐる色と花型。繊細な品種なので、上級者の方に咲かせていただきたいバラです。鉢植えでも育てられます。
詳細はこちら
2e0f2ff8b29202abd88830a40d6920dc
シャローカップの華麗なピンク。鮮やかな色なので遠目からでも目をひきます。香りは弱めですが、病気に強く花もくり返しよく咲きます。初心者の方にもおすすめ。
詳細はこちら
59946a784d3ea0a3ea65339efbc5941d
パールバイオレットの花弁が幾重にも重なり合って開く姿は、まるで天使がよい知らせを運んできたかのよう。さわやかな香りも魅力です。 うまく咲かせるコツは、株が若い間は樹を育てること。病気で葉を落とさないように管理することが重要です。また、花が咲いたら早めに切って樹の体力を消耗させないようにすることも…。 夏の暑さに強く、繰り返し咲いてくれます。
詳細はこちら
a745b667c70d374405dd62cce5b05858
樹高が1m程度なので、ベランダでも大丈夫です。控えめで優しい表情がステキ。真夏を除けば、春から秋までたくさん花をつけてくれます。病気に強く、初心者の方にもおすすめです。
詳細はこちら
4d55f6a59e0b7f036b16b092ce2d19b0
上にも横にも広がらないコンパクトな樹形なので、鉢でも育てられます。
詳細はこちら
9cf4be04449b4206096624c34b72d7fe
四季咲きでやさしく香り、鮮やかなピンクが華やか。春と秋では花色が変わり、春のピンクは明るめ、秋は深いピンクになります。春も秋も、房にいっぱいの蕾をつけてくれます。ちょっと大きく育つので、鉢より地植えがおすすめです。
詳細はこちら
f668f3083c0310c9ef9ee73d1013fccc
直立に育つので鉢でもOK。絞りの入り方が大きく、ひらひら花びらですが、このバラならカッコイイ雰囲気が出ますよ。
詳細はこちら
1fb07d92ee05a3a552eca317059d39cf
まるで絵画のような色合いで、よく咲いてくれるバラ。夏にも強いです。絞りには珍しく香りが強いのも嬉しいポイント。耐病性に優れ、全体の姿がキレイでまとまりやすいので、初心者の方にもオススメ。
詳細はこちら
1103c8c89c3a9c4f4384289c0b66cac7
立派な大輪でハイブリッドティーの白をお探しの方には、枝が太く丈夫なのでおすすめです。
詳細はこちら
c306a79d1a83797494a9a0e29487a077
とにかく強く、花付きが良いバラ。枝が暴れず樹の形もキレイ。株の年数や季節によって、花弁が少なかったり、赤が強く出たりしますが、いろいろな表情をお楽しみください。
詳細はこちら
c0d20df0f9f806bfeb4afa9f379538ba
黄色のバラは比較的黒点病にかかりやすいのですが、このバラは黒点病で葉を落とすことが少なく、しっかり花を付けてくれます。また、上にすーっと伸びるので、スペースがたっぷりない場合やベランダでも大丈夫。
詳細はこちら
cdfee44c6b379f44866084c29388a4a1
小さい花ないのに、ベルベッドレッドが鮮やかなので存在感があります。花つきも抜群で、繰り返し咲いてくれるのでお得感も。さらに、花の寿命が過ぎると自然に首から落ちる”セルフクリーニング”をする賢いバラ。丈夫だから手入れがラクです。バラ初心者の方に、ぜひおすすめしたい1本です。
詳細はこちら