福を呼ぶ。

こんにちは。高崎松風園の入澤です。
Exif_JPEG_PICTURE
正月のイメージとしてすっかり定着している門松(かどまつ)。
今年は 玄関に おしゃれなものを おいてはいかがですか?
201512100917_0001
◆正月になると何で門松を飾るの?

門松は 神様の安息所として神様(歳神)が宿る場所と考えられています。
元々は歳神(としがみ)の依代(よりしろ)と言われていて、
神様が下界に降りてくる際の目印としても扱われているようです。

歳神とは別名で『お正月さま』,『若年さま』,『歳徳神』などと呼ばれ、
正月に家に迎い入れられる神様の事です。

そして、門松も別名で『松飾り』,『飾り松』,『立て松』と呼ばれ、
正月に家の門前に立てるもので
丈の高い太い竹や小さい松などが使用されていましたが、
年月の流れにより今の形の門松に変化していったようです。

◆いつから飾ればいいの?

門松とは正月の神様を迎える飾り付けなので、
正月前に家の入口(玄関など)に飾らなければいけません。
日にちとしては28日までに立てる場合が多いです。

門松には『一夜飾り』といって31日だけに飾る習慣もあるようですが、
正月に神様を迎えるのに1日だけでは誠意が足りないと思われるので、
なるべく止めた方が良いみたいですよ。

あと、29日には立てるのは縁起が悪いので注意です。
29日は「九松」といって「苦待つ」に通じるので嫌われているようです。

◆片付けるタイミングはいつ?

門松を飾ってから取り外すまでの期間を『松の内』と言います。
一般的には、歳神を迎えて役目を終えた門松は、
七草の7日に取り外すという考え多いようです。

◆最後に

門松は神様による加護や福が得たいのなら飾った方がいいですよ!!!
もしかしたら 年末に 何かに当選するかも???

今月も イベントがございますので
ぜひぜひ お越しくださいね☆♫ ٩( ´ᆺ`)۶♫ ★
1234
株式会社 高崎松風園
〒370-0024 高崎市八幡原町455
TEL 027-347-2818(ニワイチバン)

**********************************

『自然と共に暮らす庭づくり』
施工例、ガーデニング教室、
庭やエクステリアに関するご相談は
こちらから↓ ↓ ↓

お庭の困ったことサービスの全国ネットワークサイトが
新しくなりました!! 『庭チャンネル群馬』

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>