街並みをつくるお庭|群馬県高崎市

82
 東西に長い敷地を生かし、庭や濡れ縁、室内が周囲に対してゆるやかなつながりを持ち、
街並みをつくることを意識しました。
できる限り自然素材を多めに取り入れています。

着工前写真

111
 外構工事着手前の写真です。
道路と敷地との境界が曖昧で、窓も道路から丸見えになってしまっています。
境界の土留めや窓前の目隠し、駐車スペースの舗装が必要です。

完成写真

73
完成後の冬の様子
落葉樹を多く植えて季節感を感じられる庭になりました。
55
石積みの土留め
土留めは自然石を積み上げ、ナチュラルな質感を重視しました。
64
春になると、緑が茂って冬の時期とはまた違った景色になります。
葉の茂った木々が。丁度良く窓前の目隠しにもなります。
45
駐車スペース
自然石のアプローチ兼駐車場です。 コンクリートと洗い出し舗装の市松模様に仕上げました。
9
こちらの物件は、
「2018ぐんまの家」設計・建設コンクールにて特別賞を受賞しました。